アクティビティ

まずはこれだけ!初心者が知っておきたいボルダリング用語10

まずはこれだけ!初心者が知っておきたいボルダリング用語10

 

最近スポーツとしても、趣味としても注目のボルダリング。興味あるんだけど、取っ掛かりが分からないな~って方も多いみたいです。ボルダリングを始めたい、始めようか迷っている方あなた。ジムに行く前にこれだけ知っておけば、とりあえず大丈夫というボルダリング用語をご紹介致します。

 

課題

 


各グレード(初心者~上級者まで)に合わせて、作られているコースのこと。通常は、ホールドのすぐ近くに、色分けされたテープと数字によって区別されています。

例えば、白いテープのS(スタート)1から同じ白の1と書かれたテープが付いたホールドを使って、白いテープのG(ゴール)1までたどり着くのが、一つの課題になっています。

 

 

ホールド

ボルダリングジムの壁いっぱいに、色とりどりに取り付けられているのがホールドです。岩の出っ張りをイメージした大小様々な形があります。これを手で掴んだり、足で踏ん張ってコースをクリアするのがボルダリングという競技です。

コースにはスタートホールドとゴールホールド、そしてその課題で使えるホールドが決まっています。課題によっては、足はどのホールドを使ってもいいというコースや、手も足も使うホールドが決まっている課題もあります。

ガバ

ガバは、ガバっと握れる掴みやすいホールドのことで、最初の初心者の課題はガバが多くなってます。形どうこうではなく、掴みやすいホールド全般を指しています。

 

 

 

 

 

 

ボテ

ボテとは張りぼてのこと。壁から張り出した大きな岩のようなイメージで取り付けられている。色とりどりのホールドと違って、黒で統一されていることが多いです。課題で使っていい場合は、手で掴んでも足で踏ん張ってもOKです。

ボテ

 

垂壁

垂壁は90度の垂直の壁のことです。ボルダリング初心者が一番初めに登る課題は、おそらくここに設定されているでしょう。やったことがない方は、「90度以上の壁なんて登れるの?」って思われる方が多いのですが、垂壁はそのまま落ちることができないので、難易度が上がると、垂壁が一番コワくなったりします。

カンテ

カンテとは壁のヘリに当たる部分のこと。

カンテOK

カンテOKの課題は、壁のヘリを掴んでOKってことです。

スタートホールドにカンテNGって書かれていたら、壁のヘリは掴んではいけない課題だということです。

 

ムーブ

ムーブとは、ボルダリングの登り方や登る動作の総称です。ムーブ自体を、会話で使うことは少ないかもしれません。

 

マッチ

マッチとは、ムーブの一種で一つのホールドを両手で持つことをいいます。

マッチ

 

スウィッチ

正式な用語ではないのかもしれませんが、ホールドに乗っている足を左右入れ替える時の動作をスウィッチと言っています。初心者の最初の難関が、この足の入れ替え動作かもしれません。コツとしては、瞬間的に両腕で体をフワッと浮かせて足を入れ替えて下さい。

 

ガンバ

ガンバは、そのまま課題に挑戦している人に対しての応援の掛け声です。余裕がありそうな時は使わずに、結構ギリギリのところで頑張っている人に対して声をかけることが多いです。

 

初心者の時は、ちょっと恥ずかしいですが思い切って「ガンバっ!」って声をかけてみて下さい。応援されて怒る人はいないので。登り切った後は、「ナイス!」と声掛けして、グータッチです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

最初はこれくらいの用語を知っていれば十分楽しめます。道具はレンタルできますので、まずは着替えだけ持って、ジムに出かけてみて下さい。ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

 

ボルダリングをオススメする理由はコチラ

 

ボルダリング初心者が知っておきたいマナーはコチラ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アクティビティ

Copyright© swingby-nino.com , 2020 All Rights Reserved.