アクティビティ

子供の習い事に最適 頭と体を鍛えるボルダリングがおススメな理由

子供の習い事に最適 頭と体を鍛えるボルダリングがおススメな理由

 

お子さんには、優しく健やかに成長していってもらいたいですよね。親御さんとしては色んな思いがあると思いますが、子供のための習い事には、おおよそ3つのジャンルに分けられると思います。

  • 心身ともに健やかな成長するように「スポーツ系」習い事
  • 語学やITや数学のように実社会で役に立つような「スキル系」習い事
  • 創造性や好奇心を高める「アート系」の習い事

 

オリンピック種目にもなって注目を集めているボルダリング。ボルダリングは、全身の筋肉や体幹を使って登ることで程度に体を鍛えることができ、さらに課題に挑戦してクリアを目指すことで、柔軟な考え方やコミュニケーション力も身につきます。まさに子供の「スポーツ系」習い事としてとてもいい効果があります。

ここからは、ボルダリングが心身にどんな影響ががあって、何故子供の習い事にピッタリなのか、ということを詳しくご説明していきたいと思います。

 

 

まずはスポーツクライミングについて

ボルダリング

ボルダリングは、ロープを使わないで決められたホールドのみを使ってコース課題をクリアしていくスポーツです。

 


特別な道具がいらないので、シューズや服などの最低限の道具で手軽に行うことができます。全身を使って考えながら登りますので、子供も大人と同じように楽しめます。高さがあまり必要ないのでジムの数が多く、近くに見つけると通いやすいですので、一度探してみて下さい。

 

 

ロープクライミング

ロープクライミングにはリードクライミングとトップロープクライミングがあります。

 

リードクライミングは支点にロープをかけて、登るごとに支点を変えながら登っていくスポーツです。トップロープクライミングは、吊り下げられた状態で登ります。道具の扱いや登り方の技術が必要で、より高い地点まで登るスリルある楽しみがあります。高さが必要なので施設が少なく、ロープも順番待ちが長くなるのが難点です。

 

 

子供の習い事に最適 ボルダリングのおすすめのポイント

 

子供たちは高いところに登るのは大好きですよね。ジャングルジムや、アスレチックも夢中で遊んでいます。でも、そとの木や地面は、ケガもバイキンも少し心配になってしまいます。ボルダリングジムは室内で、下にマットが敷かれていますので、外よりもケガには安心感があります。

 

 

 

 

1.子供に最適 全身運動で体が鍛えられ、バランス感覚も身に付く

 

ボルダリングは腕の力というイメージがありますが、下半身を含めて全身をくまなく使って登るスポーツです。最初は簡単な課題から、徐々に難易度が上がっていきますので、クリアしていくことで、自然に筋力がアップしていきます。たくさんの種類の課題がありますので、その中で体幹も鍛えられてバランス感覚も良くなり、身体の柔軟性もアップしていきます。

ボルダリングは他のスポーツをするにあたっても、共通して必要な基本的な身体能力が備わっていきます。筋肉量が増えることで基礎代謝がアップしますので、子供の肥満対策に関しても効果が期待できます。

 

写真はロープクライミングです。

 

 

2.子供にとって重要な、考える力と集中力が身に付く

 

ボルダリングの課題は多種多様。ジムによっても、課題を作る人によっても違います。初心者コースから、課題のランクが上がっていくうちに、必ずどこかで筋力だけではない工夫や技術や、自分なりのコツが必要になってきます。

  • 「どうやったら課題(コース)がクリアできるか?」
  • 「ホールドの持ち方が悪いのかな?」
  • 「足の位置が悪いのかな?」
  • 「手と足を動かす順番が悪いのかな?」

簡単にクリアできない課題に必ずぶつかり、次にどうやったら登れるのかを考えることで、柔軟な思考集中力、そして解決能力が身に付きます。登る前にルート確認と、ムーブをイメージするオブザベーションで、クリアへの想像力も身に付くでしょう。

 

課題中に落ちるのは怖いですから、トライの間はとっても集中力が増します。失敗しても諦めずにトライする粘り強さも身に付き、とっても精神的にも良いのです。実は学術研究でも、ボルダリングが「うつ病」にも効果があると発表されているのです。

ボルダリングがうつ病改善に効果 悲観的な自動思考を解消【実践】

ボルダリングがうつ病改善に効果 悲観的な自動思考を解消【実感】   来年に東京オリンピックを控えて、このところ競技人口も増えているボルダリング。そんなボルダリングが2017年の研究発表で、「 ...

続きを見る

 

3.子供にコミュニケーション能力と協調性が身に付く

 

ボルダリングは競技時間は短く30秒程度です。人のトライを見る時間や考える時間、休憩時間が長いのが特徴です。難しい課題に苦戦しているときは、いろんな人のやり方を聞いて、コミュニケーションを取ることもボルダリングの楽しみの一つです。また、課題チャレンジには順番の決まりがありませんが、譲り合いや、待っている間のマナーも必要です。一人の競技ですが、待っている間に他の人の応援をして一緒に楽しむことや、逆に応援してもらうことで、協調性も養うことができます。

 

「ガンバッ!!」や「ナイスッ!!」と声を掛けあって、グータッチをして健闘を称え合えば、沢山の人といい関係を作れる子に育ってくれるでしょう。それは成功体験や、達成感幸福感をさらにアップして、ストレス社会に強くなる効果も期待できそうです。

【褒められて伸びる】ボルダリングで快感・安心・幸せホルモン分泌

【褒められて伸びる】ボルダリングで快感・安心・幸せホルモン分泌   あなたはスパルタでビシビシ追い込まれて伸びるタイプですか? それとも、いいところを見つけてもらって、褒められて伸びるタイプ ...

続きを見る

 

 

4.最終的には自分の責任、子供が自分で考えて工夫する力が身に付く

 

ボルダリングは、結局は自分の力でクリアしないといけません。トライ中は誰も力を貸してくれないのです。他の方のアドバイスは参考になりますが、大人と子供の体型は大きく違いますし、子供同士でももちろん、体型・筋力・柔軟性などそれぞれ違いがあります。最終的には自分の体でできることを考えて、能力に合わせた自分なりの工夫が必要なのです。だからこそ、クリアした時の達成感は自分にしか分からない格別感があるともいえるのです。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ボルダリングは体だけでなく、柔軟に考える力やコミュニケーション能力を身に付けていくことができます。さらにうつ病への効果が期待できるほど、精神的にも良い影響を与えてくれることが研究で証明されています。もちろん子供だけでなく大人も一緒に楽しめますので、是非お子さんと一緒にボルダリングジムに出向いてはいかがでしょうか。きっと、子供さんの成長が見られることでしょう。

 

 

ジムによって子供の使用に制限がある場合がありますので、お出かけの際は、事前に知らべていかれることをオススメ致します。

 

2020/3/21

ボルダリング初心者のためのチョーク選び タイプの違いを解説

ボルダリング初心者のためのチョーク選び タイプの違いを解説 ボルダリングには滑り止めのチョークが欠かせません。ですが、チョークにもいくつかタイプがあって、課題の難易度にも合わせて使い分けると、さらに上手くホールドをがっちり掴むことができます。ここではボルダリング初心者の方にも分かり易く、様々なチョークのタイプの使い分けについて解説していきます。   目次ボルダリング初心者のためのチョーク選び タイプの違いを解説ボルダリング用のチョークの違い1.粉末タイプのチョークチョークボール2.ブロックタイプ ...

ReadMore

2020/3/16

【脱初心者】持っていたらちょっと嬉しいボルダリングブラシ

  【脱初心者】持っていたらちょっと嬉しいボルダリングブラシ ボルダリングに通うようになってきたら、ちょっとずつ道具も揃えていきたいものです。ボルダリングは、必要なアイテムは少ないです。ウェア、シューズ、チョークバッグ、チョークそれからブラシくらいです。ジムにも置いていますが、大きいジムでは数も限られていますので少し慣れて通うようになってきたら、マイアイテムが欲しいところです。今回は、持っていたらちょっと嬉しいボルダリング用のブラシをご紹介します。 目次【脱初心者】持っていたらちょっと嬉しいボル ...

ReadMore

2020/3/14

初心者がボルダリングで少しでも楽に登るコツ【下半身を使う】

  初心者がボルダリングで少しでも楽に登るコツ【下半身を使う】   ボルダリングを始めたての頃は、ついつい腕力に頼ってしまいがち。しかも筋力のある男子のほうが、がっつり腕の力ばかりで登ってしまうことがよくあります。今回は、実際にボルダリングを始めたての頃に、ちょっとしたアドバイスの違いで、下半身を有効に使えるようになるコツを解説していきます。   目次初心者がボルダリングで少しでも楽に登るコツ【下半身を使う】初心者がボルダリングで意識すること腕はぶら下がることを意識すること足 ...

ReadMore

2020/3/14

【趣味が欲しい人必見】ボルダリングが楽しいと思う7つの要素

    【趣味が欲しい人必見】ボルダリングが楽しいと思う7つの要素 どんどん人気が出てきているボルダリング。ボルダリングジムも探せば意外と近所にあったり、ショッピングセンターや複合施設にもできていて、大人から子供まで楽しんでいるのを見かけます。興味があってもまだ、やったことがない方。自分にできるのか一歩踏み出せないという方に、ボルダリングの楽しさをいくつかの要素に分けてご紹介致します。   目次【趣味が欲しい人必見】ボルダリングが楽しいと思う7つの要素ボルダリングの楽しさ1・ ...

ReadMore

2020/3/5

【シニアOK】ボルダリングに挑戦できる年齢は?生涯スポーツになるのか?

  【シニアOK】ボルダリングに挑戦できる年齢の限界はどれくらい? スポーツを趣味にしている場合、年齢と共に体力も筋力も低下してしまうのが悩みの一つです。最近注目されているボルダリングも、確かに筋力も必要です。興味はあるのだけれど、やっぱり若い人が多いのかな?今の年齢でもできるのかな?なんて考えてしまっている方。 実はボルダリングに挑戦している年齢は、男女問わず非常に幅広いのです。小学生くらいのお子さんから、60歳くらいの方まで、ボルダリングジムに通っている方は沢山おられ、生涯スポーツとしても楽 ...

ReadMore

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アクティビティ

Copyright© swingby-nino.com , 2020 All Rights Reserved.