アクティビティ

ボルダリング週一で健康的に体を鍛える習慣を作るコツ

ボルダリング週一で健康的に体を鍛える習慣を作るコツ

やっぱり健康のことを考えたら、スポーツをする趣味や習慣が欲しいところですよね。そんな趣味にボルダリングをしようかな?っと考えられる方が増えています。週に一回ペースっていうのは、習慣にするための一つの目標であり、最初のハードルだと思います。

ココからは、どのようにすればボルダリングを周一回の習慣にしやすいかというコツと、なぜボルダリングが習慣にしやすいかということをご紹介していきます。

 

ボルダリングを習慣化するコツ

1回を無理しない

ボルダリング初心者に最も言えることは、まず一回を無理しないということです。初めての時は、自分の体の限界が分かっていません。そんな初心者さんは制限時間を目いっぱいトライしようと無理してしまいがちです。そのため、休憩しないで何度も続けてトライしてしまうことも多くなってしまいます。

せっかく来たのだから、しっかり経験したい!!その気持ちはよく分かります。ですが、その一回を無理し過ぎると次の日のからの体の筋肉痛がひどくなり過ぎて、二度と行きたくないと挫折してしまう人が一定数おられます。ボルダリングはレスト(休憩)が大事な技術とも言えるスポーツです。最初の頃は特に、自分の体を探りながらトライすることをオススメします。そしてストレッチなどの、ケアも忘れないでくださいね。

ボルダリング後のボディケアのコツはコチラ

 

誰か友人を引き込む

誰かと行く約束することは、習慣に繋げやすくなります。今日はやめておこうかーという気持ちを防ぐには有効な方法です。そして同じレベルの人で競うというのも続けやすいコツの一つです。慣れるまでは、人の力を借りて習慣化してもいいでしょう。

 

なるべく同じ曜日・同じ時間に行く

ボルダリング好きの、ジムの常連さんは週に3回~4回以上通っている方もおられます。ただ、なるべく同じ曜日の同じ時間に通うことで、何となく顔見知りになってくるものです。課題に挑戦して、「ガンバ!!」や「ナイス!!」っと声を掛けてもらえることも出てくるでしょう。また、クリアできない課題のアドバイスをもらってもいいでしょう。

もちろんジムのスタッフさんも、シフトの関係で同じ曜日・同じ時間だと同じ人がいる可能性が高いです。そうやって行けば、もし友人が来れなかったり、脱落してしまっても、だんだん一人でも楽しめるようになってきます。

 

曜日が変わってもなるべく週に一回をがんばる

ボルダリングは少し通えば、筋肉が鍛えられているのを案外すぐに実感できます。ただ、筋肉が落ちるのを感じるのもトライによってすぐに実感してしまいます。週一回通っていたのに、事情で一周間空いてしまったとします。そうするとギリギリクリアできていた課題が出来なかったり、筋肉が弱くなることをすぐに感じてしまいます。

同じ曜日に行けなくても、なるべく週一回行くと筋力をキープできるので、その後も続けていくモチベーションをキープできます。

 

習慣にできる可能性が出来たら道具を買う

ボルダリングに通って1~2か月、少し慣れてきたら思い切って道具を買ってしまうとさらに続けやすいです。ボルダリングは本当に安く始めることができます。服はUNIQLOでも、手持ちのスポーツウェアでも何でもOKです。そして靴とチョークバッグはしばらくジムのレンタルがあります。

ですが、やっぱりマイシューズを買うのは結構覚悟がいりますね。ただ買ってしまえば、もう行かないわけにはいきません。靴とチョークバックを揃えると、もうそろそろ完全に自分の習慣になっているでしょう。

 

アソビューからなら、さらにお得にボルダリングが体験できるチケットが入手できます。すべてのあそびの検索マドから、スポーツ・フィットネスにカーソルを合わせて、ボルダリング・クライミングを選択してください。まずは、お得に体験してみてください。

ボルダリングが習慣にしやすい理由

  1. コスパが良い
  2. ジムが沢山できている
  3. 室内だから天候にも左右されない
  4. 道具が少ないから仕事帰りにも行きやすい
  5. 課題をクリアする達成感がある
  6. 課題が沢山あるので、次に行く目標ができる
  7. 楽しんで体も鍛えらえる
  8. 筋肉が付くからダイエットにも最適

ボルダリングが習慣化しやすくて、趣味に向いている詳しい理由はコチラ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ボルダリングを楽しんで週一回続けると、2~3か月くらいでどんどん筋力や体幹が鍛えられていくのも実感できます。クリアするたびに筋肉が鍛えらえ、鍛えられると難しい課題がクリアできるので、とてもいいサイクルができるのです。

是非、まずは週一回を目標にボルダリングに通ってみることを目指してみて下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アクティビティ
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© swingby-nino.com , 2020 All Rights Reserved.