アクティビティ

ボルダリングがうつ病改善に効果 悲観的な自動思考を解消【実践】

ボルダリングがうつ病改善に効果 悲観的な自動思考を解消【実感】

 

来年に東京オリンピックを控えて、このところ競技人口も増えているボルダリング。そんなボルダリングが2017年の研究発表で、「うつ病」の治療に有効であるということが、米国の心理学関連の学会で発表されていました。

これまでにも有酸素運動などが「うつ病」に有効とする説も発表されてきました。ボルダリングに関しては、特に競技中の集中力が病気への抵抗を強くするといいます。ここからは研究によってボルダリングがどのように「うつ病」に有効なのかということが証明されたのかということ。そしてボルダリングを実際に続けてきたことで実感していることを記事にしています。

 

うつ病患者に【ボルダリング】をトライしてもらった研究結果

 

「うつ病にボルダリングが効果がかるのか。」という研究は、2015年に米アリゾナ大学の心理学研究チームがドイツのエアランゲン・ニュルンベルク大学と共同で、成人100人を対象に調査を行われていたものです。

 

抑うつ症状のある被験者をランダムで二つのグループに分けました。

1・ボルダリングをすぐに開始したグループ

2・8週間の通常治療の後に、ボルダリングを開始したグループ

 

 

 

実験は8週間にわたって、週1回・3時間のボルダリングを実践し、4回の測定日を設けて、症状をチェックする【ベック調査票 Beck Depression Inventory・BDI】を用いて被験者の症状を観察しました。8週間後の測定で、ボルダリングを開始していたグループはBDI数値が、開始前より6.27ポイント改善したという。数値に関しては素人には、どれくらいの効果なのか分かりにくいですが、これは「重度レベル」の患者が「軽度レベル」と診断されるほどの改善を示す結果だそうです。その時点では通常治療のみを行っていた待機グループでは1.4ポイントの改善しかみられなかったということで、通常治療よりもはるかに効果が見られたのです。

 

この結果から、ボルダリング療法がうつ病の効果的な治療法になるかもしれないという見解がなされました。そして更なる研究が必要という発表でした。そして、今現在も継続して研究が進められているそうです。

【ボルダリング】の何がうつ病に効果的だったのか

 

うつ病とは悲観的なことを延々と繰り返してしまうという反芻思考が大きな原因となっていると言われています。悩むことを止める方法が分からず、集中力が低下し問題解決ができなくなってしまいます。それが仕事や勉強にミスに繋がり、さらなる悩みを抱えてしまうことになって、ますます負のスパイラルに陥ってしまうことが大きな原因となるそうです。

 

 

ボルダリングは、幸せホルモンを出す効果も見込まれるという記事はこちら。

【褒められて伸びる】ボルダリングで快感・安心・幸せホルモン分泌

【褒められて伸びる】ボルダリングで快感・安心・幸せホルモン分泌   あなたはスパルタでビシビシ追い込まれて伸びるタイプですか? それとも、いいところを見つけてもらって、褒められて伸びるタイプ ...

続きを見る

 

ボルダリングは集中力を高める

ボルダリングは手足と全身のバランスを取って、課題で使用するホールドのみを使ってゴールまで到達することを目標にしています。ボルダリングの動作には落ちないように、指先の数cm、足のつま先の感覚に集中して、体をキープする緊張感の中で課題にトライしています。

研究者の見解としては、ボルダリングをトライしている人は、この極端な集中状態で課題に取り組んでおり、落ちてしまうかもしれない怖さと、課題をクリアすること以外は考えられない。つまりトライ中は他のことをアレコレ考えていられない状態になっているということが「うつ病」に効果があるということです。そういった意識の集中と課題クリアの成功が、結果として、うつ病患者が陥りがちな「悲観的な自動思考パターン」から解消されていくということです。

 

 

 

これを元に、実際にドイツでは「うつ病治療」にボルダリング療法が取り入れられているそうです。良い結果はすぐに実践に移すのは、欧米の文化を見習いたいですね。

 

実践者の見解とまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

確かに、ボルダリングは課題を上げていくほど、全く他のことを考えていられない緊張の場面があります。ほんのわずかな引っかかりしかないホールドに、指先・足先に全神経を集中しなければクリアできないことも多く、気を抜いたら危険な落ち方になってしまいかねません。ただ、その緊張の先でクリアしたときの達成感が、たまらなく気持ちがいいものになります。そして、ジムに通っていくと周囲の人とのコミュニケーションが生まれ、課題クリアをグータッチで称え合います。そんな充実感や、達成感が気持ちをクリアにしてくれ、後には心地良い疲労が残っていて、ぐっすり眠れるものです。

そんな様々な要素が、「うつ病患者」の方にも良い効果があるのではないでしょうか。

 

 

 

ビジネス書などでも語られていることが多いと思いますが、仕事のパフォーマンスも自分の気持ちが影響することがおおいです。トラブルやミスで気持ちがどうしても落ちているときは、気持ちを切り替えるのが大変なものです。気持ちを変えるには、考えて解決を探すよりも、まず体を動かすことから気持ちに変化をもたらすことが効果的と言われています。

ボルダリングに限らず体を動かしてみると、気持ちがそちらに引っ張られて上がってくるように感じます。それを習慣として続けることで心を正常にキープすることが非常に効果的です。「うつ病の研究」週に1回・3時間のボルダリングが有効だったように、定期的に余計なことを考えず、汗を流す時間を作ることで、心の健康にもつながるのではないでしょうか。

コスパも良く、気軽に始められるボルダリングを、是非とも趣味にしてみてはいかがでしょうか。ここまで読んでいただきありがとうございました。アソビューからなら、さらにお得に体験チケットも入手できます。是非利用してみてください。

 

趣味がない人にジムに行くよりボルダリングがおすすめな理由【実感】

趣味がない人にジムに行くよりボルダリングがおすすめな理由【実感】   「趣味がないから、何かやりたいんだよね。最近ボルダリングジム見かけること多いけど、どうなんだろう?」 「健康のことも考え ...

続きを見る

 

ボルダリングの研究の原著論文

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アクティビティ
-, , , , , , , ,

Copyright© swingby-nino.com , 2020 All Rights Reserved.