アクティビティ

ボルダリング初心者にオススメの可愛い・おしゃれなチョークバッグ

ボルダリング初心者にオススメの可愛い・おしゃれなチョークバッグ

最近では仕事帰りの趣味としても注目されているボルダリング。だんだん趣味ハマってきて通い始めたら、たぶん靴と一緒に買おうかと思うのがチョークバッグです。チョークバッグも買うと、さらにボルダリングに行くモチベーションが上がるので、せっかくだから愛着の持てるお気に入りの1つを買いたいものです。ここでは、ボルダリング初心者がどんなチョークバッグを選んだらいいか、オススメの機能やデザインについて解説していきます。

 

チョークバッグとは

チョークバッグとは、ボルダリングを含めたクライミングに使用する滑り止めの「チョーク」(炭酸マグネシウムの粉)を入れておくバッグのことです。中にはチョークとチョークボールという、粉が飛び散りにくいように手に馴染ませるためのチョークを入れる巾着袋のようなモノを入れてセットにして使用することが多いです。バッグには小物が入るポケットが付いているものがあり、テーピング用のテープやブラシを入れておくことができるようになっています。

1・床置きタイプ(バケツタイプ・チョークポッド)

その名の通り、床に置いて使うタイプです。初心者はトライ中にチョークをつけ直すことはあまりないので、最初はこちらがオススメ。床に置いても倒れにくいタイプなので、チョークをこぼし難いにくいです。バックが大きめで、手口も広いのでチョークアップ(チョークを手につけること)がしやすいのが便利です。ただ、手口が広いので粉が外に飛散しやすいです。粉を外にまき散らさないように、チョークアップはバックの中で行うのがエチケットです。手口巾着になっているタイプや、マジックテープタイプがあります。ただし、大きめなので持ち運びの荷物をコンパクトにしたい方は、腰に付けるタイプの方が良い。

出典 amazon.co.jp

 

2・腰付けタイプ(巾着タイプ)

腰に付けられて、紐やゴムで絞って閉じるタイプです。ボルダリングの長い課題やリードクライミングにオススメのバックです。落下してもチョークがこぼれにくいように想定して手口が狭くなっています。チョークアップは少しやりくいですが、粉をまき散らしにくいというメリットもあります。床置きよりもコンパクトなので、持ち運びには非常に便利。

 

おすすめのチョークバッグ ブランド

マムート(MAMMUT)

 

スイス発の登山用品をメインとしたアウトドアブランド。創業から150年以上の実績があり、機能性とデザイン性に定評がある。初心者におすすめは、床に置けるバケツタイプ。ボルダリングはトライの手数も時間も短いです。特に初心者は腰に付けるタイプよりも、使い勝手のいいのがバケツタイプです。マムートのバケツタイプは内側は巾着、外側はファスナーで閉められるようになっているのが便利。ボルダリングトライ中は巾着をオープンにして、ファスナーだけを開け閉めするとチョークアップが楽にできます。

 

ザ・ノースフェイス(THE NORTH  FACE)

創業50年の世界的に大人気のアウトドアブランド、ザ・ノースフェイス。ナイロン製の床置きバケツタイプのチョークバック。手口はマジックテープで止めつけ、さらにプラスチックバックルで楽々着脱ができます。シンプルながら安定の人気アイテムです。

 

マウンテンハードウェア(MOUNTAIN HARD WEAR)

 

コロンビアスポーツウェアの中で、2008年からスタートしてアウトドアウェア・ギアのマウンテンハードウェア。小栗旬主演の映画「岳」で使用されていたり、オーシャンズ13でブラッド・ピットが着ていたのも印象があり、おしゃれなアウトドアブランドのイメージが強い。シンプルなファスナーでの開閉と、ハンドバッグのような持ち手で取り扱いがしやすい。

 

ラ・スポルティバ(LA SPORTIVA)

90年以上の歴史を持つイタリア発のクライミングシューズをメインとしたブランド。少しずつグッズのラインナップも増えている。こちらは、腰付けタイプでも、少しハードな作りになっているので、置いても安定感がある。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

チョークバッグのタイプは大きく分けて2タイプ。

置き型タイプは、短いトライをくり返すボルダリングにはとっても便利ですが、大きめなので荷物になってしましいます。腰付けタイプはコンパクトですが、チョークアップは少ししにくいという特長があります。

お気に入りのアイテムが見つかると、ボルダリングがますます楽しくなります。あなたのスタイルに合わせて選んでみて下さい。

初心者にオススメのボルダリングシューズはコチラ

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アクティビティ

Copyright© swingby-nino.com , 2020 All Rights Reserved.