アパレル・ファッション用語

ビショップスリーブ(bishop sleeve)

ビショップスリーブ(bishop sleeve)

ビショップスリーブとは、ビショップ(司教・主教)という意味の袖デザイン。僧職の服装に見られた肩近辺の腕の上部はジャストサイズで、肘から下を極端に広がるようにボリュームを持たせるようにデザインした長袖。クラシカルな雰囲気となるデザインで、ドレープ性の良い生地を使用して、女性らしいなブラウスやドレスによく使われる。袖口にギャザーを寄せてカフスで絞っている形状や、袖口ギャザーをゴムで絞った形状などがある。ペザントスリーブ(農婦の袖)もほぼ同じデザインとされているが、ビショップスリーブの方がよりきちんとしたイメージであるために、カフスで絞った袖口のデザインの方がビショップスリーブと呼ばれることが多い。

ペザントスリーブ(peasant sleeve)

ペザントスリーブ(peasant sleeve) ペザントスリーブ(peasant sleeve)とは、ペザント(農婦)の着る服の袖という意味。デザインの形状はビショップスリーブとほぼ同じように使用さ ...

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。ノウハウの蓄積が少ないアパレル業界の仕事に関してまとめていきます。 【仕事】 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 【趣味】 ボルダリング  頭と体を鍛える最強の趣味だと思ってます!!

-アパレル・ファッション用語
-, , , ,