アパレル・ファッション用語

抗ピル加工・抗スナッグ加工

抗ピル加工・抗スナッグ加工

抗ピル加工・抗スナッグ加工とは合成繊維が天然繊維より強いことで、毛玉(ピル)や何かに引っかかって糸の一部が引き出されてしまうスナッギングを防止する加工のこと。合成繊維は天然繊維のより強いことで、布地表面の毛羽が着用時の摩擦によって絡み合って毛玉(ピル)になってしまう性質がある。さらに合成繊維は繊維同志の摩擦が少なく、滑りやすい性質もある。そのため、何かに引っ掛けてしまうと糸が引き出されて外観を損なってしまいやすい。

抗ピル加工には、あらかじめ長めの毛羽を切ってからガス焼き処理ををして布の表面の毛羽をできるだけ少なくしたり、布の表面に化学処理をして毛羽を弱くする方法、他にもアクリル酸エステル系の樹脂をつけることで繊維間の摩擦係数を上げて毛羽立ちを少なくする方法もある。また、抗スナッグ加工は抗ピル加工の樹脂をつける方法と同じ方法が使われ、繊維の滑りを少なくしてスナッギングを防いでいる。この加工は、摩擦や引っ掛かりの動きが多いスポーツ衣料をはじめ、スーツ、スラックス、ワンピース、シャツ、ブラウス等に外・中衣料に使用されることが多い。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語
-, , , , , , , ,

Copyright© swingby-nino.com , 2020 All Rights Reserved.