アパレル・ファッション用語

斜子織(ななこおり)

斜子織(ななこおり)

斜子織(ななこおり)とは、たて糸とよこ糸を2本以上引き揃えて平織りにした生地のこと。一目の大きさが目立ち、篭(かご)の目に見えることからバスケット・ウィーブとも言われている。オックスフォード生地などに応用されている。

糸の引き揃えとは2本以上の糸を撚り合わせることなく、並べ揃えて1本の糸として扱うこと。2本、3本分の太さになってボリュームが増すが、2本の糸を撚り合わせる双糸よりもふんわりと柔らかい生地に仕上がる。織り目にすき間ができるので通気性が良く、夏向きのシャツや寝具にも使用される。糸の太さや、素材によって生地のイメージがかなり違ってくる。

※アパレル素材を探すなら日本最大級の生地販売モール【テキスタイルモール】がおすすめ。素材ごとはもちろん、UVカットや接触冷感などの機能でも検索でき、また用途からおすすめの素材を探せます。また、シーズンごとに今注目が集まっている生地も分かるので、オリジナルアイテムを作りたい方。手作りで服や雑貨を作りたい方は、是非チェックしてみてください。
▶▶▶日本最大級の生地販売モール【テキスタイルモール】で素材を探す

 

完全無料・3分で登録可能 アパレル業界の転職はクリーデンス

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。ノウハウの蓄積が少ないアパレル業界の仕事に関してまとめていきます。 【仕事】 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 【趣味】 ボルダリング  頭と体を鍛える最強の趣味だと思ってます!!

-アパレル・ファッション用語
-, , , , , , ,

© 2021 swingby-nino.com