アパレル・ファッション用語

生分解性繊維(せいぶんかいせいせんい)

生分解性繊維(せいぶんかいせいせんい)

生分解性繊維(せいぶんかいせいせんい)とは、「微生物が分泌する酵素で分解可能な高分子繊維」のこと。天然繊維由来の原料を利用するか、生分解性を有する高分子材料を原料として製造する。環境保護の観点から、合繊メーカーが各社研究開発を進めている。現在のSDGsが大きく取り上げられる以前から、開発は進められてきていた。

生分解性繊維の主な3タイプ

  • 微生物が細胞中に作り出す、微生物産生ポリエステル
  • セルロース・キチン・でん粉などの天然原料にポリエチレンなどの化学物質を加えてポリマーを作る
  • 科学合成系
    ①石油から素原料取り出してつくる芳香族(一般合成繊維)
    ②天然物質から素原料を取り出してつくる脂肪族(脂肪酸ポリエステル・ポリ乳酸)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。ノウハウの蓄積が少ないアパレル業界の仕事に関してまとめていきます。 【仕事】 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 【趣味】 ボルダリング  頭と体を鍛える最強の趣味だと思ってます!!

-アパレル・ファッション用語
-,