アパレル・ファッション用語

バルキーセーター

バルキーセーター

バルキーセーターとは、羊毛繊維のかさ高性を利用して作られた太くふっくら厚い糸でかさ高く加工されたバルキーヤーンを使って編み上げられたセーターの総称。バルキーとは「かさばった」「大きい」という意味。太い毛糸が使われているため、ざっくりとした目の粗い編み目で、ゆったりとしたシルエットが特徴的なセーターとなる。フィッシャーマンズセーター、アイリッシュセーターの代表としてアランセーター、テニスプレイヤーの定番で現在はスクールセーターとしてもよく目にするチルデンセーター等が代表的なアイテムとなる。

専門的な名称としては、コース・ゲージ・セーターもしくはローゲージ・セーター(編み目の粗いセーターの意)といい、インチ8本(ゲージ)以下の密度のセーターを指すことが多い。8~6ゲージのタイプをセミバルキー、5ゲージ以下をバルキーと区別する場合もある。

バルキーニットのショールカラーセーター

 


 



スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語
-, , , , , , , ,

© 2020 swingby-nino.com