アパレル・ファッション用語

ボタン・釦(button)

ボタン・釦(button)

 

ボタン・釦(button)とは、衣服の打ち合わせ部分を留め付けるための資材。ボタンホールにボタンを通すことで留める。または、ループとボタンで留めることもある。ボタンは留め付ける役割として使用されるものと、装飾として使用されるものがある。

 

釦のバリエーション

貝ボタン

貝の殻を使用したボタン、白蝶貝・黒蝶貝・高瀬貝・茶蝶貝等が使用されている。独特の高級感のある光沢と、貝の外側にあたるラフな部分が天然素材ならではの特徴。上質なシャツに使われていることが多い。

 

ポリエステルボタン 後染め

生地の色に合わせて、同色のボタンを使用したいときに後染めボタンを使用します。他にも、貝・ナット・ラクト・カゼイン(ラクト)・ナイロンのボタンは染めることができます。しかし、薄い生地に対して濃色のボタンを付けると、移染(色移りしてシミになる)してしまうことがあるので注意が必要。

 

金属ボタン

真鍮製のものが多く、上の写真は上下二つのパーツがをプレスして作られているため、カブセボタンと呼ばれている。存在感があり、ブレザーなどに多く使用されている。

 

木製ボタン

木で作られているボタン。ナチュラルを風合いを使用しているアイテムに使用されることがあるが、高くなってしまうので多くは使われていない。

 

ナットボタン

ナットボタンはタグワ椰子という椰子の実の種を原料にした天然素材のボタンです。水牛ボタンに次ぐ、高級天然素材ボタンとして、コート、スーツ、ジャケット、パンツ、シャツに幅広く使われています。ナットボタンの元の色はすべて乳白色ですが、後染めで染色することも出来ます。染色することで、年輪のような渦模様が見られるのも特徴。天然素材ならではの柔らかな雰囲気があります。

 

トグルボタン

ダッフルコートに使われるイメージが強いトグルボタン。ボタンとループで打ち合わせを留めて使用する。水牛の角を使用したのが高級なボタン。写真は水牛の角に似せたプラスチック製。

 

こちらのお店では、個人向けにも豊富な服飾資材が揃ってますので、オススメです。

ボタンやファスナーの種類が豊富 服飾資材の999+1

 

no image
アランセーター

アランセーター アランセーターとは、アイルランド本土の西側に位置する3つの島からなるアラン諸島が発祥とされる手編みのセーターのこと。漁業、農業、観光業が盛んな島で、フィッシャーマンズセーターの原型の一 ...

バルキーセーター

バルキーセーター バルキーセーターとは、羊毛繊維のかさ高性を利用して作られた太くふっくら厚い糸でかさ高く加工されたバルキーヤーンを使って編み上げられたセーターの総称。バルキーとは「かさばった」「大きい ...

絣(かすり)

絣(かすり) 絣(かすり)とは、ストライプでもチェックでも、更にはプリントでもない日本独特の柄織物。南方、インドネシア、タイ方面から日本に伝わって来たとされている。沖縄の八重山白絣、琉球絵絣、九州の薩 ...

帯電防止加工

帯電防止加工 帯電防止加工とは、水分率の少ない合成繊維が摩擦によって生じた静電気を流すことができずに帯電することによっておこるパチパチと放電することや、ホコリを吸着して汚れやすくなることを防ぐための加 ...

防炎加工(難燃加工)

防炎加工(難燃加工) 防炎加工(難燃加工)とは、布地を燃えにくくするための加工方法のこと。「燃える(燃焼)」という材料の熱分解によって発生した可燃性ガスと酸素が結合する化学反応を抑えること、もしくは熱 ...

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語

Copyright© swingby-nino.com , 2020 All Rights Reserved.