アパレル・ファッション用語

カウチンセーター

カウチンセーター

カウチンセーターとは、カナダのバンクーバー島に住むカウチン・インディアンによって編まれた防寒用の非常に丈夫なセーター。未脱脂羊毛(みだっしようもう)を使用しているオイルドセーターの一種で、防水性・撥水性に優れている。ヘビーデューティーで実用機能やその土地・環境に合わせたデザイン性のある魅力を持ったセーターとして人気が高い。インディアン部族の間に伝わる神鳥「サンダーバード(雷鳥)」・鹿、熊・クジラなどを太糸で編み柄として表現しているので、全体的に柄が大きく大胆な印象を受ける。小さめのショールカラー状の衿が付いているデザインが多い。プルオーバー型やジッパーフロントになったカーディガン型もある。

羊毛の油を残し、脱色や染色も行っていない羊毛を使用しているのでグレーや茶、アイボリーなど、羊毛そのものの自然な色味でデザインされているのが特徴で、狩猟時の「防寒性」「防水性」を重視して密度を詰めて編まれているので、1着あたりの重量が1.5kg前後になってしまう。


 



スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語
-, , , , , ,

© 2020 swingby-nino.com