アパレル・ファッション用語

クリースライン【crease line】

クリースライン【crease line】

クリース、もしくはクリーズ【crease】とは「襞(ひだ)」「折り目」「畳み目」「しわ」といった意味。ファッション用語としては、特にスラックスパンツの中心に付けられる「折り目」ラインのことを指している。プリーツと呼ばれる場合もあるが、正確にはセンタークリース(センタークリーズ)、つまりズボンの中央の折り目。この部分のアイロンプレスを綺麗に当てることで、タックが有りながらも正面から見た時のパンツのシルエットが美しくなる。下図のように、正面から見た際のシルエットに大きく影響してくる。センタープレスとはほぼ同義で使われている。

センタープレスはなぜ重要か?スラックスパンツのアイロンのコツ

  センタープレスはなぜ重要か?スラックスパンツのアイロンのコツ   家庭で簡単にアイロンするためのスチーマーとかアイロンのCMってよく見かけますよね。パンツのセンターのプレスだけ ...

続きを見る

 

スラックスに対しては、丈を長めにしてパンツの下部にできるたるみ(ゆとり、たぶつき)をブレークと呼び、オシャレの象徴としていたこともある。ただし、きっちりとクリースラインを当てておかなければシルエットがきまらず、だらしない印象になってしまいます。

 

完全無料・3分で登録可能 アパレル業界の転職はクリーデンス

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語
-,

© 2020 swingby-nino.com