アパレル・ファッション用語

カフス

カフス

カフスとは、シャツ・ブラウス等の袖口に取り付けられた共生地や、別の布使いの帯状の部分のこと。主に袖口の補強やデザイン的な特徴を出すことを意図したパーツである。ボタンや装身具であるカフリンクスで、カフスを留めて袖口にフィットさせるよう設計されている。カフスそのものにもデザインがあり、角を丸くしたラウンド型や折り返すようにデザインしたダブルカフスなどがある。カットソーに使われるフライス袖や、パイピングされた袖口部分もカフスと定義されている。

 

カフスはデザイン的特徴が出るパーツであるため、衿と袖口カフスが別生地で仕立てられたシャツはクレリックシャツと呼ばれている。加えて、歴史的には身分や役職を非常に表しているパーツで、デザインの印象が大きく左右される部分である。

 

完全無料・3分で登録可能 アパレル業界の転職はクリーデンス

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語
-, , , , , , ,

© 2020 swingby-nino.com