アパレル・ファッション用語

立体裁断・ドレーピング【draping】

立体裁断・ドレーピング【draping】

立体裁断【draping】とは、被服の造形課程における裁断方法の一つでドレーピングともいう。人体もしくは人台(ボディ)に直接布をあててカッティングをする。立体裁断に用いる布は基本的にトワル・シーチングといった粗布で、場合によっては紙でも代用する。製品の再現性を求める場合は、実際に使う生地をあてる場合もまれにある。

立体裁断でカットしたり印付けを終わったものをボディから外して生地を整えて、パターンとして展開する。この生地をそのまま型紙として裁断する場合と、紙に転写してパターン(型紙)を作る場合とがある。

*立体裁断とはあくまで造形するための技術であり、裁断のためのパターンを作る方法の一種。基本的に実際に本生産する生地は平面台の上において裁断します。

アパレル業界の就職・転職で実績トップクラスのエージェント
▶▶▶ 無料相談を受けるにはコチラ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。ノウハウの蓄積が少ないアパレル業界の仕事に関してまとめていきます。 【仕事】 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 【趣味】 ボルダリング  頭と体を鍛える最強の趣味だと思ってます!!

-アパレル・ファッション用語
-, , ,