アパレル・ファッション用語

フェアアイルセーター

フェアアイルセーター

フェアアイルセーターとは、スコットランドの北に位置するフェア島(アイル)を発祥とする幾何学柄ボーダーを特徴としたセーター。伝統的な柄であるものの、非常にカラフルで多様な配色がある。もともとは漁師が愛用するフィッシャーマンズセーターだったが、1922年に英国皇太子時代のウィンザー公がゴルフウェアに使用していると紹介されたことで、世界的に知られるようになったというエピソードがある。本来はシェトランドの羊毛を使用した手編みセーターの一種。

フェアアイル柄

フェアアイル柄に見られる幾何学模様は、ムーア式(moorish)幾何学柄といいます。ムーア式とは北アフリカのモーリタニア地方のベルベル人が北上して、スペイン人から「モロー人」と呼ばれたことから、そう呼ばれるようになりました。アフリカ系の民族文様を元にしていると言われ、フェア等にスペインの無敵艦隊が難破、漂着したことでスペインにちなんだ「バスクの百合」「ムーアの矢」「十字架」「グラナダの星」などの文様も使われるようになったという逸話もある。

 

 



スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語
-, , , , , , , ,

© 2020 swingby-nino.com