アパレル・ファッション用語

フライトジャケット 

フライトジャケット 

フライトジャケットとは、飛行機乗り、パイロットのためのジャケット の意味。フライングジャケットや、 エイビエータージャケットとも呼ばれている。第二次世界対戦時に製造されたG-1 ジャケットやA-2 ジャケットタイプの飛行士用ジャンパーから、B-3ジャケットと呼ばれるボマージャケット。ジェット機用のMA-1ジャケット、L2-Bジャケット、N-2Bジャケット、CWUジャケットといったものまで、どんどんと新たなタイプができており、デザインバリエーションも多い。 機能性やデザイン性などが一般にも浸透して、カジュアルファッションとしても人気が高い。A-2の「A」は夏用、B-2の 「B」は冬用を意味している。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。ノウハウの蓄積が少ないアパレル業界の仕事に関してまとめていきます。 【仕事】 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 【趣味】 ボルダリング  頭と体を鍛える最強の趣味だと思ってます!!

-アパレル・ファッション用語
-, , ,