アパレル・ファッション用語

フロッキープリント(frocky print)

フロッキープリント

フロッキープリントとはフロックプリントともよばれ、様々な素材の細かい繊維(パイル)を接着材によって植毛してプリント表現する方法です。繊維が表面に、起毛したような独特の感触と反射の少ないマットな色表現となる。毛足の長さによって様々なボリューム感で表現できる。主にレーヨン、ポリエステル、綿、アクリル、などの繊維を樹脂加工を施した転写シートに、ホットメルトと呼ばれる熱で溶けて冷えると固まる樹脂をシルクスクリーンで載せて、プリントシートを専用のプレス機で転写させる方法が多く用いられている。

 

 

古くから使われているプリント技法なので、アメカジに多いユーズド加工ともマッチします。マットでナチュラルな雰囲気となるので、オーガニックな印象を持つデザインモチーフや、単色色プリントなのにインクでは表現できないボリューム感を持たせることができます。またオールドスクールなアイビーカレッジの風のデザインにも多く取り入れられています。

 

洗濯・アイロン

プリント部分は繊細で劣化するとプリントが落ちてしまうことがあります。摩擦にも弱いので、洗濯の際はネットに入れ裏返しにして洗濯すると、より長持ちさせることができます。プリント部分は熱圧着されているのでアイロンも直接当てることは避け、起毛部分は当て布をあてながらスチームで整えるようにしてください。

※アパレル素材を探すなら日本最大級の生地販売モール【テキスタイルモール】がおすすめ。素材ごとはもちろん、UVカットや接触冷感などの機能でも検索でき、また用途からおすすめの素材を探せます。また、シーズンごとに今注目が集まっている生地も分かるので、オリジナルアイテムを作りたい方。手作りで服や雑貨を作りたい方は、是非チェックしてみてください。
▶▶▶日本最大級の生地販売モール【テキスタイルモール】で素材を探す

 

完全無料・3分で登録可能 アパレル業界の転職はクリーデンス

 

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語
-, , , , , ,

© 2021 swingby-nino.com