アパレル・ファッション用語

袋縫い

袋縫い

袋縫いとは、薄地でほつれやすい生地の強度を上げるために用いられる縫い方。通常は地縫いは中表に生地を合わせて縫い合わせるところ、最初に外表で地縫いをして、さらに裏に折り返して出来上がり線を縫い合わせて、縫い代が袋状に中に隠れるようになる。一枚仕立てのアイテムに、インサイドポケットを付ける際に、ポケット袋布にこの袋縫いを用いると縫い代が隠れるので洋服の裏側もキレイに見える。

生地に厚みがあると、縫い代の厚みでごわついたり、きれいなシルエットが出ない可能性があるので、薄地の生地以外に用いる際には注意が必要。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。ノウハウの蓄積が少ないアパレル業界の仕事に関してまとめていきます。 【仕事】 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 【趣味】 ボルダリング  頭と体を鍛える最強の趣味だと思ってます!!

-アパレル・ファッション用語