アパレル・ファッション用語

ギャザー

ギャザー

ギャザーとは、布を縫い縮めてシワやヒダを寄せるデザイン仕様のこと。ギャザーの役割は膨らみを出し、立体感を強調するデザインに使われる。また生地量を多く取っているので、動きやすさも出すことができる。柔らかな表情のデザインになるため、主にレディースアイテムや子供服の、アームホールやバスト・ウエスト・袖口等、立体を強調したり機能として必要な部分に取り入れられる。

 

パターン

ギャザーのより具合は、生地の材料や厚みによってそれぞれ異なってくる。そのためサンプルを作成し、繰り返しギャザー分量のパーセンテージを微調整する必要がある。パターン上では、ギャザーを入れるパーツはそれぞれ異なる距離となる。

 

縫製工程

クラフトとしては手縫いした部分の糸を両側から引き絞ることでギャザーを寄せて、距離を合わせて縫製する。縫製工場では縫い代に仮ミシンを入れて、両端から糸を引き絞ってギャザー分量を調整する方法や、ギャザー用のミシンで生地を上下の送り巾に差を持たせて縫製する方法などがあり、縫製工場によって様々である。

 

完全無料・3分で登録可能 アパレル業界の転職はクリーデンス

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語
-, , , , , ,

© 2020 swingby-nino.com