アパレル・ファッション用語

ゲージ(糸ゲージ)

ゲージ(糸ゲージ)

ゲージとは、編み機の針の密度を示しています。荒いゲージをコース・ゲージもしくはロー・ゲージ、細かいゲージのファイン・ゲージもしくはハイ・ゲージという。ゲージの呼称は、通常1インチ(=2.54cm)間にある針数をゲージといっているが、細かく分類すると横編機、丸編機(吊編機を除く)、トリコット編機、ミラニーズ編機の場合に適用される。フル・ファッション編機は1.5インチ(3.81cm)間、ラッセル編機の外国製のほとんどの場合は2インチ(5.08cm)間の針数で換算される。編機は、ゲージによって供給する糸の番手を選定しなければならない。

 

ゲージ出し

見本となる生地スワッチを編み出しして「10cm ✕ 10cm」の中に何目何段あるかによってゲージをチェックしますが、「ゲージ=ゲージ出し」となることはまれです。ニットは編み目の緩さを決められます。そのため2.54cm間に5目あったから5ゲージだと言うことは、また別となります。糸の番手(太さ)には適正ゲージ(その糸に対して最も適しているゲージの大きさ)が存在していますが、これはあくまで目安となるもので、糸の素材や形状、本数、また編み方によっても異なります。度目を詰めることで、表面を艷やかに見せたり、荒く編むことで透け感があり、ドレープ性の高い編地にすることもできます。しかし、適正を外れるには、機械特性や素材特性の知識や経験が不可欠となります。

 

完全無料・3分で登録可能 アパレル業界の転職はクリーデンス

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語
-, , , , ,

© 2020 swingby-nino.com