アパレル・ファッション用語

ギンガム

ギンガム

ギンガムとはヒンディ語のguingan、マレー語のginganを語源とするなどの諸説があるが、インドの北東地方で織られた先染糸を使用した平織物のこと。格子柄を基本としているが、ストライプギンガムも存在する。綿糸やタッサーシルク(tussah silk、柞蚕糸)が使用されていた。

ギンガムというとギンガムチェックが基本となるが、たて縞のストライプをたてギンガムやタテギンと呼び、また糸の引き揃えや、太糸を織り込んで勾配を入れたものもある。ギンガムは夏のドレス、シャツ、カーテン、テーブルクロス等に用いられている。ギンガムは別名Zephyrs(ゼファー 薄手のものの意味)とも呼ばれることがある。

柄の特徴

チェック柄としては、最もシンプルな部類の柄。ホワイトと別の一色の組み合わせで、縦横共に一定間隔の柄。色部分は、縦横が交わる部分が最も色が濃く見え、次いで縦方向、最後に横方向が最も薄い色に見える。

 

完全無料・3分で登録可能 アパレル業界の転職はクリーデンス

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語
-, , , , , , , , ,

© 2020 swingby-nino.com