アパレル・ファッション用語

箱ポケット

箱ポケット

箱ポケットとは、ポケット口が箱型に作られた切りポケットの総称。へり飾りの当て布(ウェルト)を付けたポケットに分類されているので、ウェルトポケット、もしくはウェルテッドポケットとも呼ばれている。ジャケットの胸ポケットに最も使われていることでも知られている。

 

ジャケット・スーツの箱ポケットは正面から見た時に水平に見えるように、右斜め上に上がった形で作られています。箱(ウェルト)の形状にも工夫がされており、長方形や右側が広幅に作られているもの、舟形にデザインされたものもあります。ジャケット・スーツの胸ポケットは、基本はポケットチーフを入れるためのものとして大きさがデザインされています。

 

腰ポケットやパンツにデザインされた箱ポケットは、大きさ位置共に特に制約がありません。箱(ウェルト)に関してもポケット口の切り込みが見えにくいようにされてはいますが、それ以外は自由に形状もデザインされています。

図解

内側の仕様は、デザインによって異なります。写真のジャケットは裏地無しのジャケットのため、裏側はポケット袋の周囲をパイピングで包んだ仕様になっています。

 

完全無料・3分で登録可能 アパレル業界の転職はクリーデンス

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語
-, , , , ,

© 2020 swingby-nino.com