アパレル・ファッション用語

ハーフトーンプリント(網目プリント)

ハーフトーンプリント(網目プリント)

ハーフトーンプリントとは、網点のグラデーションで濃淡を見せ、図柄を表現したプリントのこと。ドットの集まりによって画像を映しだすPCのディスプレイに似ている。ファッションのプリントでは写真を引き伸ばしたようなイメージを見せるときに使用される技法。

モノクロのグレースケールの場合は、黒の小さな点の密集度によって、白・黒・グレーを表している。カラー印刷の場合は、シアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)、ブラック(K)という4色の小さな点のパターンで多様な色を表現することができる。一般的な印刷物は網点が非常に小さいため、離れて見ると人間の目では小さな点が識別できずスムースな諧調に見える特性が利用されています。角度を変更することによって意図的にモアレを発生させることもできます。

生地上のプリントとしては、ベタ塗りのプリントとは違い、陰影・奥行・焦点など、写真のように繊細なプリントとなる。

 

完全無料・3分で登録可能 アパレル業界の転職はクリーデンス

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語
-, , , , , , ,

© 2020 swingby-nino.com