アパレル・ファッション用語

ヘリンボン

ヘリンボン

ヘリンボンは、日本では杉綾(すぎあや)とも呼ばれ、綾目の方向を一定の間隔で切り替える事によって、ストライプ調に綾目がジグザクになっている柄の名前であり織物の名前でもある。にしん(herring)の脊椎骨の形や、杉の葉の形に似ているということから、この名前で呼ばれている。右上がりに線があらわれる模様を「右綾」、 右下がりに線があらわれる模様を「左綾」といい、交互にこの織り方を組み合わせる織物のことをいいます。シックなウール調の生地が多いので、ドレス・コート・スポーツウェア等、多くのアイテムに使われている。また、柄だけを活かした、プリントやカットソーのジャカードで表現されることもある。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© swingby-nino.com , 2020 All Rights Reserved.