アパレル・ファッション用語

いせ込み

いせ込み

いせ込みとは、平面パターン通りにカットした裁断生地のパーツを違う距離と違う距離で縫製することによって、服を体に沿わせるように丸みを付けたり、膨らみを持たせるような立体的なデザインにする方法。パターン上では、ノッチ(合印)からノッチまでの距離を計算して変化をつけておく。パターンにはノッチと波線で指示している。きれいに形を作るには縫製の技術とアイロンワークが重要になる。

「いせ込み」が使われる代表的な部分は、ジャケットの肩部分に丸みを持たせてフィットさせたり、袖付けの際に袖側に少し長めの距離を持たせることで、肩を上がりやすくさせることができる。ギャザーも膨らみを持たせるデザインや動きやすさに関係しているが、ギャザーのようにシワを入れないように、生地の厚みや伸縮性のよっていせ込みの分量を計算している。

 

ジャケットの肩線は、後ろ身頃の方を長くしている。肩の丸みを作り、肩周りの動かしやすさにも影響がある。

 

完全無料・3分で登録可能 アパレル業界の転職はクリーデンス

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語
-, , , , , , ,

© 2020 swingby-nino.com