アパレル・ファッション用語

乾湿強力比(かんしつきょうりょくひ)

乾湿強力比(かんしつきょうりょくひ)

乾湿強力比(かんしつきょうりょくひ)とは、乾燥した状態と湿度の高い状態での繊維の強度の違いのこと。繊維の多くは乾燥した状況での強度と水にぬれた状態では強度が変わります。綿や麻などの植物繊維は、乾燥しているときよりも濡れたときの方が強さが増します。羊毛や絹、化学繊維は濡れた時の方が弱くなってしまいます。

乾湿強力比
木綿102~110%
亜麻108%
ラミー118%
70%
羊毛(メリノ)76~96%
ナイロン(フィラメント)84~92%
アクリル(ステープル)90~100%
ポリエステル(フィラメント)100%
キュプラ(フィラメント)55~70%
レーヨン(フィラメント)45~55%

▶▶▶ 参照:繊維製性能表

繊維の乾湿強力比からの注意点

木綿は湿度が高い方が強さが増すことからも、日本の気候に向いており特に肌着として使用することには非常に理にかなっている。しかし冬場の乾燥する時期に薄手の木綿を生産することで起こるミシン針での地糸切れに関しては、工場内の湿度を上げるなどの対策はおこたらないようにしなければならない。

※アパレル素材を探すなら日本最大級の生地販売モール【テキスタイルモール】がおすすめ。素材ごとはもちろん、UVカットや接触冷感などの機能でも検索でき、また用途からおすすめの素材を探せます。また、シーズンごとに今注目が集まっている生地も分かるので、オリジナルアイテムを作りたい方。手作りで服や雑貨を作りたい方は、是非チェックしてみてください。

\\\\\\\\\\\\\\\ 日本最大級の生地販売モール ////////////////

テキスタイルモールで生地を探す

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。ノウハウの蓄積が少ないアパレル業界の仕事に関してまとめていきます。 【仕事】 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 【趣味】 ボルダリング  頭と体を鍛える最強の趣味だと思ってます!!

-アパレル・ファッション用語
-,