アパレル・ファッション用語

公定水分率

公定水分率

公定水分率とは、【温度20℃湿度65%】の環境における繊維に含まれる水分の割合を示しています。糸や繊維は取引をする際に、1kgが○○円といったように【重さ】を基準としています。ですが繊維は水分を含みやすく、含んだ分だけ重さを増やすことができるため、過去に不正が横行していました。そういった不正を防止するために繊維ごとの工程水分率を決めることをで、正しい取引ができるようになっています。1841年にフランスのリヨンにおける、生糸業者や学者の会合の結果、まず絹の工程水分率を11%に定めたことが始まりと言われています。元々は正しい取引のための指標だったが、繊維に含まれる水分量の基準ともなるため、乾燥を防ぐ目的や静電気の起きやすい繊維などを検討する際の指標としても用いられる。

▶▶▶詳しくは【水と繊維】を参照

天然繊維の公定水分率

コットン8.5%
ウール(メリノ)16%
麻(ラミー)12%
シルク11%

合成繊維の公定水分率

レーヨン11%
キュプラ11%
ナイロン4.5%
ポリエステル0.4%
アクリル2.0%
ポリウレタン1.0%
ポリプロピレン0%
ビニロン5%

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。ノウハウの蓄積が少ないアパレル業界の仕事に関してまとめていきます。 【仕事】 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 【趣味】 ボルダリング  頭と体を鍛える最強の趣味だと思ってます!!

-アパレル・ファッション用語
-,