アパレル・ファッション用語

マーキング

マーキング

マーキングとは、アパレル業界でパタンナーが作成したパターン(型紙)データを、使用する生地幅に合わせて裁断することを想定して、1着に必要な生地量を計算すること。また縫製工場では、実際の裁断に合わせてパターンを入れ込んでいくことをマーキングといいます。実際にどのように裁断されるかを想定して、パターンを組み込んでいかなければならないので、 工場の裁断台の長さがどれくらいで、何人取りで裁断できるかということや、使用する生地の柄合わせやサイズ展開なども考慮する必要がある。

マーキングの際の注意点

  • 生地幅(生地の耳、丸編み生地のガミングを除いた有効巾)
  • 柄合わせの有無
  • サイズ展開(マスターサイズが、どのサイズを基準とするか?)
  • 取り人数

生地の必要mの計算

1着あたりの要尺を求めた後は、生産数から生地必要mを算出します。仮に要尺80cmのポロシャツ

SML
ホワイト20351065
ブラック30402090
ネイビー1520540
659535235

必要m生地の計算

  • ホワイト  0.8 × 65 = 52m
  • ブラック  0.8 × 90 = 72m
  • ネイビー  0.8 × 40 = 32m

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。ノウハウの蓄積が少ないアパレル業界の仕事に関してまとめていきます。 【仕事】 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 【趣味】 ボルダリング  頭と体を鍛える最強の趣味だと思ってます!!

-アパレル・ファッション用語
-, , , ,