アパレル・ファッション用語

メローロック始末

メローロック始末

メロー始末とは、縫製用語で特に薄手の生地の端を処理する方法の一つ。縫い代がほつれないように、非常に細く生地の端をかがっている。出来上がりとしては、生地端が1枚のままなので薄く仕上がり、周りを縁取るようなデザインとなる。専用のミシンもあるが、オーバーロックミシンを使用して運針を調整して、振り糸にウーリー糸を使うことで同じような処理をすることができる。

糸調子を強くすると、生地が波打つように仕上がる。そのためフリル端をメロー始末すると、フワッとしてボリュームがあるフリルが出来上がる。糸調子によって波打ちの強弱が変わるので、製品を統一するためにはミシンの調整をしっかりとしなければならない。またメロー始末の糸色を変更して、縁取りのデザインとしても利用されることもある。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。ノウハウの蓄積が少ないアパレル業界の仕事に関してまとめていきます。 【仕事】 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 【趣味】 ボルダリング  頭と体を鍛える最強の趣味だと思ってます!!

-アパレル・ファッション用語
-, , , , , ,

© 2021 swingby-nino.com