アパレル・ファッション用語

ノルディックセーター

ノルディックセーター

ノルディックとは、「北欧人」の意味。ノルディックセーターとは主にスカンジナビア半島の人々が着用している伝統的なセーターのこと。スカンジナビアンセーターと同義。雪の結晶やトナカイなどの模様が編まれていることが特徴。日本ではスキー用のセーターとしてもよく使用されている。

ノルディック柄

ノルウェー・フィンランド・スウェーデンのスカンジナビア半島を中心とした北欧をイメージしたモチーフ。雪の結晶、トナカイ、もみの木などの自然モチーフと幾何学模様や点描を繰り返した伝統柄。ニット帽・セーター・手袋・マフラー等に用いられている。全面に編み模様を入れているのは、デザイン性と編み模様を入れることで厚手に仕上げるという保温性を高めている意味合いもある。原色系のレッドやブルーも使用され、目を引くファッションになる。天然素材、シンプルなアイテムと合わせてレトロなイメージのコーディネイトがおすすめ。

 

 


 


スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語
-, , , , , ,

© 2020 swingby-nino.com