アパレル・ファッション用語

折り伏せ縫い

折り伏せ縫い

折り伏せ縫いとは、縫い代を折って伏せてくるんでしまう縫製方法。布帛のメンズシャツやスポーツウェアなど、強度を高めたいときに用いられる縫い方。特に体の動きで負荷がかかる部分に向いている。地縫いをして、縫い代を広くとった側を折り、縫い代を細くした側の縫い代をくるんで、折山端のギリギリでステッチをかける。くるみ縫いとも呼ばれる。強度を上げることができる反面、縫い代の重なりが多くなるので厚みが出ることやパッカリングが起こりやすいのがデメリット。

またカットソー生地を使ってビジネスにも対応できるような本格的なシャツが求められ、折伏せ縫いの仕様で縫製することを要望されることもある。しかしカットソー生地は布帛よりも厚みが出やすく、伸縮性にも対応していないのであまり向いているとは言えないので、デザイン企画の際には十分注意が必要。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。ノウハウの蓄積が少ないアパレル業界の仕事に関してまとめていきます。 【仕事】 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 【趣味】 ボルダリング  頭と体を鍛える最強の趣味だと思ってます!!

-アパレル・ファッション用語
-, , ,