アパレル・ファッション用語

オックスフォード

オックスフォード

オックスフォードは、比較的厚地でコシのある綿織物で、シャツ生地やドレス生地として人気がある。イギリスのオックスフォード大学の学生達が、この生地でつくられたシャツを着ていたことから、シャツ生地の名前として売り出したことで広がった。柔らかくて光沢のある斜子織の生地で、通常は綿のコーマ糸をたて・よこ糸共に2本引き揃えて平織りにしている。たて糸とよこ糸の色を変えると中間色の色合いの生地となる。織り目にすき間ができるので、通気性が良くしわになりにくい。より光沢を出すためにシルケット加工を加えることで高級なイメージをつけることがある。最近では、ポリエステル100%やポリエステル混紡糸を使用することも多い。夏用のシャツの他に、パジャマやベッドカバーなどにも使用されている。

 

細い糸を使用し、織り目を密にしたものはピンポイントオックスまたはピンオックスと呼ばれる。たて糸に色糸、よこ糸にホワイトを使用して、杢調にも見える中間色の生地としてシャツ地に使用されることも多い。

 


 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語
-, , , , , , ,

© 2020 swingby-nino.com