アパレル・ファッション用語

パネルボーダー

パネルボーダー

パネルボーダーとは、通常のボーダーが全面にボーダー柄になっているのに対して、大きく無地部分のスペースが存在しているボーダーのこと。ベーシックなボーダー柄とは一味違った表情となり、主にマリンカジュアルのスタイルなどに使われることが多い。無地部分はネック周り、袖口、裾に用いられるなど、デザイン設計で印象が大きく変わる。

パネルボーダーアイテムの生産

パネルボーダーは通常の編み生地として設計されるアイテムや、袖・身頃を粗裁ちして、一部ボーダープリントをしているアイテムなど、生産方法もいくつか存在する。編み生地として設計する際には、生地幅・ボーダー位置・無地部分の長さ・サイズ展開など、様々なことを計算した生地設計をしなければ、大きなロスを作ることになるので注意が必要。

作れる生地の巾にも制約があるため、可能な生地幅や袖をどのように設定するかなど、さまざまな想定をする必要がある。他にもパーツの多いアイテムデザインの場合は、使用する箇所によって無地分の長さを増やして対応するなどデザインに応じて検討する。プリントにてパネルボーダーを検討する際は、無地生地を粗裁ちするためのロスを入れる必要がある。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語
-, , , , , , , , ,

© 2020 swingby-nino.com