アパレル・ファッション用語

パンタロン(pantalon)

パンタロン(pantalon)

パンタロンとは、実はフランス語でパンツ(ズボン)の総称。語源はイタリア喜劇の道化役パンタロンを演じた俳優だったパンタローネの衣装からそう呼ばれるようになたったと言われている。1789年のフランス革命以降、キュロットに代わって着用された男性ズボンや19世紀初期頃から女性のスカート下に履かれた装飾性の高いズボンのことも意味している。

日本では通常のパンツのデザインではなく、1967年頃~70年代初期にかけて流行した裾口が広がったパンツ(ズボン)のこととして使用されることが多かった。ベルボトムやブーツカットとほぼ同じような意味で用いられ、現在ではフレアパンツと呼ばれることが多い。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。ノウハウの蓄積が少ないアパレル業界の仕事に関してまとめていきます。 【仕事】 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 【趣味】 ボルダリング  頭と体を鍛える最強の趣味だと思ってます!!

-アパレル・ファッション用語
-, , , ,