アパレル・ファッション用語

パターン(型紙・pattern)

パターン(型紙・pattern)

▶▶▶アパレル業界の就職・転職で実績トップクラスのエージェント 無料相談を受けるにはコチラ

パターンとは洋服・カバン・雑貨などを作るために、部品ごとに生地等をカットするために、原寸で作られた設計図のこと。日本語では型紙、英語の正式名称は「sewing pattern」

平面のみで作成する型紙を平面作図と言う。それに対して立体裁断は、ボディに生地を組んで型紙を作る作業として説明があるが、基本的には平面作図をしてからトワールでボディに仮組立てをする確認作業(ドレーピング・draping)をする作業を行うことを示している。

仕様書のサイズスペックやデザイン画をもとに、パターンは作成される。パターンには、縫い代・ポケット位置・ステッチ幅・タックの倒し方向等の縫製情報などが記載されている。ニット素材アイテム用のパターンの場合は、生地の縮率を含めて作られていることが多いので、パターンサイズでアイテムのサイズや完成品を一概に判断するのは難しい。工場によっては、ミシンの調整や縫製順に合わせて、独自で縫い代の調整を行ったり、場合によっては納品方法や陳列方法に合わせてパターンに手を加えることもある。

生産管理の注意点

生産管理としてパタンナーに指示をする場合は、生地の特性や工場のクセに合わせて微調整した指示を行うと、本生産時のトラブルを少なくすることができる。

例として、、、

ポリウレタン混の場合
⇒生地にテンションが掛かっている。また、アイロンで伸ばしてセットしにくい。そのため、袖・着丈に関しては長めを狙って指示を出す。

ベロア等の起毛生地
⇒起毛素材はアイロンで押さえこむことができない。アイロンで押さえ込んで、縮ませることができないので、少し短めなパターン調整を行う。

工場が肩を少し伸ばして縫製する傾向がある
⇒肩幅を少し大きめに指示する

\\ 転職登録・相談は無料!//

アパレル業界で転職したいなら

※無料でアパレル業界の転職を目指すなら、ファッション・アパレル業界専門の転職支援サービスのクリーデンスがおすすめ。人気の有名ブランドを含む3400社以上の企業から、あなたに合った求人を探して無料で転職サポートしてくれます。
▶▶▶ 無料でクリーデンスの転職支援サポートに登録する

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。ノウハウの蓄積が少ないアパレル業界の仕事に関してまとめていきます。 【仕事】 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 【趣味】 ボルダリング  頭と体を鍛える最強の趣味だと思ってます!!

-アパレル・ファッション用語