アパレル・ファッション用語

ペザントスリーブ(peasant sleeve)

ペザントスリーブ(peasant sleeve)

ペザントスリーブ(peasant sleeve)とは、ペザント(農婦)の着る服の袖という意味。デザインの形状はビショップスリーブとほぼ同じように使用されるが、ドロップショルダーからアームホール付近が細く、肘から下が極端に広がり、袖口を絞ったデザイン。袖口仕様もカフスよりはゴムで絞っていたり、パイピング始末で絞ったものを指す傾向がある。ビショップスリーブと比較すると、素材のドレープ性はやや低めで素朴なイメージなアイテムを指している場合が多い。

ビショップスリーブ(bishop sleeve)

ビショップスリーブ(bishop sleeve) ビショップスリーブとは、ビショップ(司教・主教)という意味の袖デザイン。僧職の服装に見られた肩近辺の腕の上部はジャストサイズで、肘から下を極端に広がる ...

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。ノウハウの蓄積が少ないアパレル業界の仕事に関してまとめていきます。 【仕事】 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 【趣味】 ボルダリング  頭と体を鍛える最強の趣味だと思ってます!!

-アパレル・ファッション用語
-, , ,