アパレル・ファッション用語

捺染(なせん・なっせん)【printing】

捺染(なせん・なっせん)

捺染(なせん・なっせん)とは、【染める】という文字が入っているため勘違いされやすいが、いわゆるプリントのこと。アパレルにおいては、生地に着色剤である染料または顔料を用いて、様々な色と柄を表現することを指す。捺染には手法によって、直接捺染、抜染(ばっせん)、防染(ぼうせん)などがある。また工程の違いで、機械捺染、手捺染、転写捺染などに分類されている。捺染めに対して、着色液に生地をつけて染めることを浸染(しんぜん)という。

アパレルの生産においては、生地でのプリント、製品へのプリントに分かれている。総柄のアイテムは生地の状態でプリントされていることが多い。ロゴや部分的なプリントは、無地生地をパターンの形に裁断した状態か、パターンが入る大きさの長方形に粗裁ちする方法と、製品の形になったものにプリントする場合がある。ただし、製品の状態でプリントするには、プリントの大きさや位置に制限がある。さらに製品でのプリントの場合は、生地によっては熱や蒸気をかけることで、縮む可能性などにも注意しなければならない。

※アパレル素材を探すなら日本最大級の生地販売モール【テキスタイルモール】がおすすめ。個人から企業まで、誰でも24時間生地を購入できます。素材ごとはもちろん、UVカットや接触冷感などの機能でも検索でき、また用途からおすすめの素材を探せます。また、シーズンごとに今注目が集まっている生地も分かるので、オリジナルアイテムを作りたい方。手作りで服や雑貨を作りたい方は、是非チェックしてみてください。
▶▶▶日本最大級の生地販売モール【テキスタイルモール】で素材を探す

浸染・しんぜん(反染め・後染め)

浸染・しんぜん(反染め・後染め) 浸染とは、織物・編物の反物状態になってから主に染色する方法。原料や糸の状態で染める染色方法を先染めというのに対して、浸染のことを後染めと呼ぶこともある。必ずしも生地全 ...

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。ノウハウの蓄積が少ないアパレル業界の仕事に関してまとめていきます。 【仕事】 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 【趣味】 ボルダリング  頭と体を鍛える最強の趣味だと思ってます!!

-アパレル・ファッション用語
-, , , ,