アパレル・ファッション用語

ラグランスリーブ

ラグランスリーブ

ラグランスリーブとは、衿ぐりから脇下まで切り替え線を入れて肩と袖が一続きになるように縫い付けられた袖のこと。クリミア戦争時(1853年から1856年)に英国のラグラン将軍が考案したと言われています。袖くりが深く、袖巾が大きくなるのでゆとりが多く取られる構造になっている。そのため負傷者に対しても脱ぎ着させやすく、袖付けの縫い目から雨がしみ込みにくいという機能性を重視したデザインとなっている。その後、コートやジャンパーにも多く採用されるデザインとなっている。

現在では、腕の動かしやすさを活かしてスポーツウェア・アウトドアウェアを中心にカジュアルファッションに広く浸透したデザインとなっている。

 

完全無料・3分で登録可能 アパレル業界の転職はクリーデンス

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語
-, , , ,

© 2020 swingby-nino.com