アパレル・ファッション用語

ロールアップスリーブ

ロールアップスリーブ

ロールアップスリーブとは、 ロールアップ(巻き上げる)という意味を持ち、その名の通り【巻き上げる】ことを念頭に置いたデザインの袖。長袖や七分袖を折り返して巻き上げて着用する際に、ずり落ちてこないようにデザインされている。代表的なものに袖の内側 の肩先辺りにボタンホールをあけたベルトを取りつけ、折り返した際に外側の袖のボタンで留めるデザイン。もしくは袖をロールアップしているように見せかけるタブを取り付けたデザインもある。少し機能的な要素が入るので、袖口仕様に変化をつけたいときにはデザインアクセントになる。計算されたものには、折り返った際の裏側の柄にもこだわっていることもあり、スタイリングに変化を付けられるデザインとなる。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。ノウハウの蓄積が少ないアパレル業界の仕事に関してまとめていきます。 【仕事】 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 【趣味】 ボルダリング  頭と体を鍛える最強の趣味だと思ってます!!

-アパレル・ファッション用語
-, , , ,