アパレル・ファッション用語

サファリスタイル

サファリスタイル

 

サファリとは、元々アフリカへの狩猟旅行を意味していました。その時の探検隊風のスタイルやそういった機能的デザインを取り入れたファッションのことを指しています。必要とされたデザインはポケットの数、日差しの防止、耐久性や、吸汗や透湿性等の快適さ、そして動きやすさも重視した機能的な工夫が多い。マチ付きのポケットが両胸、両腰に付き、背中にアクションプリーツが入ったサファリジャケットやゆったりとした膝丈のサファリショーツ、日差し除けにつばが広く設計され、ネックストラップもついたサファリハットなどが代表的なアイテム。色合いも、アフリカのジャングルやサバンナをイメージしたグリーン系・カーキ系・くすんだベージュ系のサンドカラーやアースカラーで展開されていることが多い。

 

完全無料・3分で登録可能 アパレル業界の転職はクリーデンス

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。ノウハウの蓄積が少ないアパレル業界の仕事に関してまとめていきます。 【仕事】 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 【趣味】 ボルダリング  頭と体を鍛える最強の趣味だと思ってます!!

-アパレル・ファッション用語

© 2021 swingby-nino.com