2021/9/20

中小規模アパレルや縫製工場・個人でもホームページを作るべき理由

中小規模アパレルや縫製工場・個人もホームページを作った方がいい理由 2021年1月の調査によると、日本国内のスマホ・ケータイ所有者のうち「スマートフォンを所有している」とした人は92.8%にも登っているとの調査結果が出ています。コロナ禍ではその流れはさらに加速し、オンラインで会議やセミナーができるZOOMなどの利用もどんどん広がってます。そんな中でアパレル業界でも中小アパレルメーカー、縫製工場など自社のホームページ(ウェブサイト)を持っていない企業も多数あります。インターネット上で自社の存在が見つけてもら ...

ReadMore

2021/9/10

【アパレル生産】縫製工場に生産依頼する際に用意すべき6つのもの

【アパレル生産】縫製工場に生産依頼する際に用意すべき6つのもの アパレル未経験者の方やインフルエンサーの方など、アパレル分野に興味を持って参入して来ることは業界が新しく刺激され、活性化されるのでとても良いことでだと思っています。しかしファストファッションの低単価のイメージからか、服がとても簡単に作れるものだと誤解してあまり勉強することもなく、丸投げ感覚で縫製工場に依頼される方がいるという話を聞きます。今回は、アパレル生産を依頼する側が用意をしておくべきものについて解説していきます。 目次【アパレル生産】縫 ...

ReadMore

2021/9/3

ボタンダウンシャツから工程分析と立ちミシンのラインを解説

ボタンダウンシャツから工程分析と立ちミシンのラインを解説 アパレル業界で仕事をしていても、さらにはアパレル生産管理であっても、座りミシン(バンドル方式)と立ちミシン(TSS方式)って一体どのように違うのか分からないという人がほとんどではないでしょうか。ここでは私が仕事をしていたカットソー縫製工場のラインを例にして、どのような仕組みとなっていたのか。そして生産ラインを図解することで、どのようなことを理解するとアパレル生産がスムーズに流れるのかを解説していきたいと思います。 目次ボタンダウンシャツから工程分析 ...

ReadMore

2021/8/30

アパレル未経験者でも縫製工場にスムーズに依頼するための6つのコツ

アパレル未経験者が縫製工場に生産をスムーズに依頼するコツ アパレル生産の経験がない人が、ブランドを立ち上げてアパレル製品を作りたいと考えたとき、まず縫製工場に電話やメールでコンタクトをしてきます。しかし、アパレル生産が未経験ということで話が噛み合わず、問い合わせだけで終わってしまうということをよく耳にします。そこで、縫製工場を運営していた立場から、どのように依頼を受けたら新しいブランドの製品生産に対して力を入れて取り組もうと前向きに進めていけるかを解説していきます。 目次アパレル未経験者が縫製工場に生産を ...

ReadMore

2021/8/27

増やし衿(増やしリブ・増やし編み)

増やし衿(増やしリブ・増やし編み) 増やし衿(増やしリブ・増やし編み)とはコンピュータ横編機によって、編み下がるごとに編み幅を増やして、リブに角度をつける手法のこと。このデザインの場合はポロシャツは通常のポロシャツよりも衿の角度が広がったワイドカラーになる。 生産する場合 この編み目には一定の制限があり、同じ角度で巾を広くする場合は、例えば2コース(横目)ごとに1ウェール(縦目)増やすといった一定の規則に従わなければならない。そのため角度などの設定は非常に繊細な計算が必要になってきます。糸の太さ・編み目の ...

ReadMore

2021/8/27

減らし衿(減らしリブ・減らし編み)

減らし衿(減らしリブ・減らし編み) 減らし衿(減らしリブ・減らし編み)とはコンピュータ横編機によって、編み下がるごとに編み幅を減らして、リブに角度をつける手法のこと。通常のポロシャツのリブ衿は同じウェール数(縦の編み目数)で編んでいます。それによって、別ブランドのポロシャツであっても、衿の幅や衿の角度がほぼ同じような製品となることが多いです。減らし衿にした場合は、衿の角度は通常のポロシャツよりもシャープなデザインになる。   生産する場合 この編み目には制限があり、同じ角度で巾が狭くなっている場 ...

ReadMore

2021/8/26

アパレル生産未経験者に知っておくべき日本国内の縫製工場について

アパレル生産未経験者に知っておくべき日本国内の縫製工場について 最近インフルエンサーブランドが増えたり、若い方の中にもアパレル製品を作りたいというお話を聞くことがあります。しかし、アパレル生産に全くの未経験の場合に縫製工場を探しても、なかなかマッチングしないということが多いようです。そこで、まずは縫製工場に依頼する前に知っておいてもらいたい日本の縫製工場の現状について解説していきたいと思います。 目次アパレル生産未経験者に知っておくべき日本国内の縫製工場について日本国内のアパレル縫製工場の近況1.日本国内 ...

ReadMore

2021/8/3

2020東京オリンピックで注目!スポーツクライミングとは

2020東京オリンピックで注目!スポーツクライミングとは いよいよ、開催される2020東京オリンピックで初めて開催される新種目スポーツクライミングを勝手に解説。あまり知られていない競技の内容から、予選と決勝の違いなどを分かりやすく説明します。さらに、一番とっつきやすいボルダリングに興味を持っていただけると嬉しいです。 目次2020東京オリンピックで注目!スポーツクライミングとはスポーツクライミングとはスピード予選決勝ボルダリング予選決勝リード予選決勝スポーツクライミングを手軽に楽しむには スポーツクライミ ...

ReadMore

アパレル・ファッション用語

セットインスリーブ(set-in sleeve)

セットインスリーブ(set-in sleeve)

セットインスリーブとは、通常のアームホール位置に筒形に付けられた袖のこと。最も基本的な付け方で、普通袖ともいわれています。Tシャツやトレーナー等、様々なアイテムに最も多く使われている袖のことです。セットインスリーブは袖を付ける角度によって、動きやすさや着心地が変わってきます。それぞれ身頃に対しての角度が異なりますが、パターンとしては袖山の高さと袖幅の違いでこのように差が出ます。

 

様々なセットインスリーブの袖の角度

 

セットインスリーブのパターンイメージ

 

袖山が高い袖

  • 下向きに袖が付いているので、腕を下した状態がスッキリと見える。
  • 腕を下した時に、脇の下がごわつかない
  • 腕を上に上げにくい
  • 袖下の風通しが悪く、湿気がこもりやすい

 

袖山が低い袖

  • 横向きに袖が付いているので、脇下に生地が余る
  • 腕を下した時に、袖の上側の生地が余る
  • 腕が上げやすく、動きやすい
  • 袖下にゆとりがあって、風通しが良い

袖山が高いタイプのTシャツ

袖山が低いタイプのTシャツ

 

ファッションとしての袖

海外で好まれる袖と、日本で好まれる袖は大きく違う。これは、日本が非常に温暖で湿度の高い気候であること、それに対して欧米は湿度が低いということが関係している。袖山が高い袖は、スタイルが良く見えるという特徴がある。日本のように湿度の高い気候では風通しが悪く、脇に汗をかきやすくなってしまう。しかし、日本で好まれる袖山が低く袖は巾が広い袖は横に広がってしまうため、スタイルが良く見えないため、オジサンっぽく見えてしまうというデメリットがある。

 

日常でもついスポーツブランドのポロシャツを着てしまうと、オジサンっぽいイメージになってしまいます。ファッションブランドは、なるべくすっきり見えて、快適さを保てるような袖の設計をしているので、用途を考えてブランドも選ぶのが良いでしょう。

 

※無料でアパレル業界の転職を目指すなら、ファッション・アパレル業界専門の転職支援サービスのクリーデンスがおすすめ。人気の有名ブランドを含む3400社以上の企業から、あなたに合った求人を探して無料で転職サポートしてくれます。
▶▶▶ 無料でクリーデンスの転職支援サポートに登録する

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。ノウハウの蓄積が少ないアパレル業界の仕事に関してまとめていきます。 【仕事】 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 【趣味】 ボルダリング  頭と体を鍛える最強の趣味だと思ってます!!

-アパレル・ファッション用語
-, , , , , ,

© 2021 swingby-nino.com