アパレル・ファッション用語

シューティングジャケット

シューティングジャケット

シューティングとは「射撃、銃猟」の意味で、一般的にはハンティングジャケットと同じく狩猟用の上着のこと。ノーフォークジャケットがその代表とされる。素材はウールギャバジン、ツイード、コーデュロイが用いられていた。特徴として、レザーのガンパッチ(肩当て)、エルボーパッチ(肘当て)が叩きつけられて、銃を構えた時の姿勢を考慮して強度を上げるデザインがされている。また、レザーボタンやスロートタブ(上衿の持ち出し)も取り付けられていた。兵士が使用するほどの実用性ではなく、あくまで当時の上流階級が狩猟をレジャーとして楽しむためのジャケットのイメージが強い。

 


スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語
-, , , , ,

© 2021 swingby-nino.com