アパレル・ファッション用語

スウェット

スウェット

 

スウェットとはトレーナー・トレーニングシャツの俗称。裏毛生地や裏起毛のニット生地でつくられているセーターのようなプルオーバー型の丸首、長袖のスポーツカジュアルウェア。衿・袖・裾のパーツがリブ編みで作られていることが多い。

スウェット:天竺裏毛×リブ編みテレコ

天竺裏毛の裏側

スウェット=sweatは、そのまま「汗」「汗をかく」という単語が語源となっていて、スポーツ選手のトレーニングウェアとして用いられてきた。60年代初め頃からスポーツウェアが一般化し、Tシャツと同じような感覚で、タウンユースにもホームウェアとしても人気のアイテムとなり、アメカジファッションの代表的なアイテムになっている。

 

最近ではChanpionのトレーナーなどが人気で、動きやすいことありダンサーファッションとしても好んで着られている傾向がある。メンズファッションとしては、スポーティでカジュアルなスタイルなので学生や20代前半向け。そのままでは、休日のお父さんというイメージが出てしまう恐れがあるので、30代以降の方が着るには、他のアイテムをキレイ目にしてトータルバランスを考えないと、子供っぽくなってしまうので要注意。

※アパレル素材を探すなら日本最大級の生地販売モール【テキスタイルモール】がおすすめ。素材ごとはもちろん、UVカットや接触冷感などの機能でも検索でき、また用途からおすすめの素材を探せます。また、シーズンごとに今注目が集まっている生地も分かるので、オリジナルアイテムを作りたい方。手作りで服や雑貨を作りたい方は、是非チェックしてみてください。
▶▶▶日本最大級の生地販売モール【テキスタイルモール】で素材を探す

 


 



  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。ノウハウの蓄積が少ないアパレル業界の仕事に関してまとめていきます。 【仕事】 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 【趣味】 ボルダリング  頭と体を鍛える最強の趣味だと思ってます!!

-アパレル・ファッション用語
-,

© 2021 swingby-nino.com