アパレル・ファッション用語

タブカラー(tab collar)

タブカラー(tab collar)

タブカラーとはドレスシャツに見られる襟型のひとつ。小さなタブ(持ち出し)が付き、それをネクタイの結び目の下で、スナップやボタンで留めるようにデザインされている。衿の結び目を立体的に持ち上げることができるようになったクラシカルな襟デザインで、非常にドレッシーな印象のスタイルにすることができる。

ネクタイのノット(結び目)を持ち上げて “立体感” が出るので、他の襟シャツとはかなり印象が変化する。ネクタイをすることを前提としたデザイン。襟元をシャープに見せる効果があるのでネクタイの結び目が小さいとよりスタイリッシュになる。クラシカルなスーツやピークドラペルのジャケットなどとの相性が非常に良い大人な雰囲気の出るシャツ。ただし、お洒落さと華やかさを強調するスタイルではありますので、ビジネスの硬い雰囲気やクレーム対応のような場面には不向き。

ネクタイを強調するクラシカルな襟デザインとして、ピンホールカラーもある。


 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。ノウハウの蓄積が少ないアパレル業界の仕事に関してまとめていきます。 【仕事】 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 【趣味】 ボルダリング  頭と体を鍛える最強の趣味だと思ってます!!

-アパレル・ファッション用語
-, , , , , ,

© 2021 swingby-nino.com