アパレル・ファッション用語

地の目(ぢのめ)

地の目(ぢのめ)

地の目とは、織物の縦糸・横糸を組み合わせて織られている織物の、生地糸の糸目方向のことを指します。経糸(たていと)方向を「たて地の目」・緯糸(よこいと)方向を「よこ地の目」と呼ぶ。また、斜め45度の地の目をバイアスまたは、正バイアスと呼ぶ。生地の地の目は、生地の強度・伸縮性・形状の安定性・生地の流れ(ドレーピング)に大きく関係する。そのため製品を作る際は、生地の地の目を考慮に入れて設計する必要がある。

*生地の耳に対して平行方向が「たて地の目」・垂直方向が「よこ地の目」

ニット生地は縦方向の編み目をウェール、横方向の編み目をコースと呼ぶ。基本的には織物と同じように、地の目を考えて裁断されるが、編み目そのものが歪んでいるので織物よりは感覚で裁断される。

 

アパレル製品の地の目

服の上下方向と、生地の縦糸方向を合わせて裁断することを「たて地の目裁断」といい、服の上下方向と、生地の緯糸方向を合わせて裁断することを「よこ地の目裁断」という。

 

縦地の目裁断するパーツ

  1. 身頃
  2. 前立て
  3. ポケット

横地の目裁断するパーツ

  1. 台衿
  2. 羽根衿
  3. カフス
  4. ヨーク

縦地の目裁断するか、横地の目裁断するかは、デザインの意図や生地柄によっても変わってくる。基本的には強度を求められる側に経糸がくるようにする場合が多い。

 

完全無料・3分で登録可能 アパレル業界の転職はクリーデンス

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語
-, , , , ,

© 2020 swingby-nino.com