アパレル・ファッション用語

チルデンセーター

チルデンセーター

チルデンセーターは、一般にはテニスセーターとして知られています。ケーブル編み(縄編み)のやや厚手のセーターで、Vネックの衿まわりや袖口・裾にネイビーやレッドの1本から数本のストライプ柄が入っているのが特徴です。ボディ部分はホワイトもしくは生成りが多く、ストライプ部分が際立つようなデザインとなる。1920年代に活躍し、四大大会にも10度の優勝を誇るアメリカのテニスプレイヤーのウィリアム・チルデンが愛用したことで、チルデン・セーター、チルデンニット等と呼称されるようになった。元々は、イングランド発祥のクリケット競技のチームユニフォームとされたセーターで、ストライプの色や本数がチームを表していた。伝統的な競技のユニフォームのイメージから、トラッドな印象とスポーティなコーディネイトとなるアイテム。また、スクールセーターやカーディガンにも使用されることが多く。様々なブランドでアレンジデザインのアイテムが販売されている。

 


 



スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語
-, , , , , , , ,

© 2020 swingby-nino.com