アパレル・ファッション用語

共生地・共布

襟伏せ天テープの共生地使い

共生地・共布

共生地(ともきじ)・共布(ともぬの)とは、アパレルアイテムの企画の際にメインで使用する生地をパーツ部分の生地にも使用するという意味で使われる専門用語。主にパターンとしては作らないことも多いテープ状のパーツや、少し特殊なパーツに対して、敢えてこの部分もメイン生地を使用するということを強調するための指示に用いることが多い。共地(ともぢ)と省略する呼び方もある。

パイピング・バインダー始末をする場合や、Tシャツの襟パーツに関しても共生地指定をする場合もあるが、特にカーブのきつい部分は生地の伸縮性が影響してキレイに仕上がらない場合があるので商品企画の際には注意が必要となる。他にも共生地でパイピングすることで紐を作ってショルダーストラップとして使用するデザインや、ボタン留めループとして使用するデザインなどがある。いずれの場合も共生地を使用する場合にも、生地の伸縮性や生地の厚みによっては、共生地使用が向いていないデザインもある。

共生地バインダー始末
袖口・裾パーツ共生地使用
共生地ショルダーストラップ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。ノウハウの蓄積が少ないアパレル業界の仕事に関してまとめていきます。 【仕事】 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 【趣味】 ボルダリング  頭と体を鍛える最強の趣味だと思ってます!!

-アパレル・ファッション用語