アパレル・ファッション用語

チュニック(tunic)

チュニック(tunic)

チュニックとはラテン語の「下着」を意味するチュニカ(tunica) が語源と言われている。元々はギリシャ・ローマ時代に着用された、袖付きもしくは袖なしの筒形をした膝丈くらいの装飾の少ない衣服。下着、もしくは日常着として用いられた。歴史的には、略式の丈の長い軍服や、カトリックの聖職者がミサの時に着用する祭礼服などをチュニックと呼んでいた。

現代ではそのような筒型の細いシルエットの衣服であったり、膝下から膝丈くらいまでのシンプルなブラウスやワンピースのことをそうのように呼ぶようになった。デザインのバリエーションが多くってくるにつれて、ワンピースとの差が曖昧になってきている。

ヒップが十分にかくれ、膝丈くらいまでの長さでワンピースよりも短いトップス。レイヤードスタイルに合うアイテムとして、エスニック系のスタイルに注目が集まったときに人気になることが多い。元が貫頭衣なので、体のラインが出ないようなざっくりとしたシルエットのデザインが多いイメージ。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。ノウハウの蓄積が少ないアパレル業界の仕事に関してまとめていきます。 【仕事】 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 【趣味】 ボルダリング  頭と体を鍛える最強の趣味だと思ってます!!

-アパレル・ファッション用語
-, , , ,

© 2021 swingby-nino.com