アパレル・ファッション用語

裏バインダー

アームホールの裏バインダー始末

裏バインダー

裏バインダー始末は、レディースアイテムの衿ぐりやアームホールによく使われる縫製仕様です。縫い代部分に対して、三つ折れもしくは四つ折れのバインダー始末を行い、その後にバインダーを裏側に折り返してステッチで押さえている。表側からはシングルステッチのみが見えて、裏から見るとテープ状に始末されたようなデザインとなる。上品でシンプルな印象がするデザインに仕上がる。

 

衿ぐりの裏バインダー始末

 

 

工程分析

工程としては、図のようになる。バインダーテープは、布帛生地を使用する場合はバイアステープにし、ニット生地の場合は縦地の目のテープを使用する。テープ幅はバインダー巾×3(生地の厚みによって若干細くする方が良い)でカットする。バインダー部分は厚みが出るので、バインダー部分を閉じる縫製を行う前に仮止めしておく方がキレイに縫い合わせができる。

写真のカットソーワンピースは、生地が薄いので四つ折れバインダーから、裏バインダー始末をしている。

 

完全無料・3分で登録可能 アパレル業界の転職はクリーデンス

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

ni-no

長年アパレル業界で働いて、スーツ工場勤務から生産管理やカットソー縫製工場の責任者をしてきました。少しでもファッションやアパレル業界のためになるように、トラブル対処の経験やノウハウをメインにまとめています。 ついでに仕事合間の趣味に関しても記事にしています。 ウェブサイト作成と運営 ウェブライティング アパレル製品企画 アパレルOEM生産 承っております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

-アパレル・ファッション用語
-, , , , , ,

© 2020 swingby-nino.com